買い取り専門と下取りの金額差は?

 

車の買い替えをする際、以前は下取りしてもらった分を次の車の購入時の費用として使うケースが大半でした。

 

近年ではとりあえずは買い取りを専門としている業者に売り渡した後に、新しい車を買う人が増加傾向にあります

 

実際、買い取り査定と下取り査定では、異なる金額になります。

 

通常は下取り査定の方が金額は低い傾向にあります。

 

下取りをしてもらうなら、車を買い替える際に必要な手続きが一社だけで済むので煩わしさがありませんよね。

 

下取りと比較して、手続きが大変な買い取り業者を利用することに渋い顔をする人も多数いることでしょう。

 

けれど、買い取り業者は買い入れた車をすばやく売ろうとします。

 

依頼者買い取った車をオークションで売るため、買いたいという人があっという間に現れるのです。

 

車の在庫管理というような業者側のコストもいらないので、査定額は下取りの場合より高めになる傾向にあります。

 

下取りの場合は、その後の在庫保管期間や駐車スペースなどのコストが発生するため、査定価格は買い取ってもらうよりも低めとなるでしょう。

 

買い取り専門業者は今まであまり認知されていませんでしたが、メディアの登場回数が増えるにつれ知っている人も多くなってきました。

 

買い取り業者に査定をお願いしても、絶対にその店で売らなければならいわけではありません。

 

ディーラーで下取りを受け付けているのなら、愛車の相場を把握するためにもひとまず買い取り業者による査定を受けてみてはどうでしょうか。

 

下取り査定額と、買い取り査定額に大きな違いがあった場合、今一度どういう方法で愛車を手放すのがベストなのか洗い直してみてはいかがでしょうか。

 

>>45秒秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪